八戸プラザホテル

八戸プラザホテル

ご結納

結納の儀を厳粛に、そして和やかに。

ご結納式はご両家が末永くご厚誼を交わす大切な儀式。
八戸プラザホテルはご両家にふさわしい、拡張高いお式をご準備いたします。
ご結納品の筆耕、美容、着付、料理、その他なんなりとご相談ください。

結納とは

縁談が整って婚約が成立すると、そのしるしとして結納のとり交わしが行われます。 結納は中国に始まって日本に伝えられたものといわれ二つの家が新たに姻戚関係を結ぶにあたって共にする酒と肴を意味する<ゆいのもの(結いの物)>がなまったことばともいわれています。

結納の日取りは

ご結納は、大安・友引・先勝などの午前中がよいとされておりますが最近は、あまり日取りにこだわらずにご出席の方々の都合に合わせてお日取りやお時間をお決めになることが増えてまいりました。(ご媒酌人様)ご両家でよくご相談ください。

結納品整え方

一般には七品、九品の結納品セットを用意し、金包は御帯料(金宝包)として贈るのが普通です。また酒肴料(御栄名料)は相手方の酒肴のもてなしに対するお礼という意味も含まれていますので、新郎側の出席数に応じて、お金を包む場合があります。結納品に婚約指輪を添える場合は家内喜多留のとなりに結美和一個(一輪)と書きます。

結納金の目安は

男性側からの結納金を「御帯料」、女性側からの結納金を「御袴料」といいます。結納金をいくらつつむかに決まりはありませんが、一般的にサラリーマンの月収の3倍位という考え方があります。以前と違い、家の格式などはあまり問題にしなくなりましたが、後になってしこりや、こだわりの残らない様、お仲人さんや両家で事前に話しあってお決めになればよろしいでしょう。

結納当日の服装は

新郎はダークスーツ、新婦は振袖・訪問着、もしくは、ドレッシーなスーツ。お父様はダークスーツか、略礼服。お母様はドレッシーなスーツ、和服ならば無地紋付か訪問着をお薦めします。

習慣・しきたりと進行について

ご結納は、地域によって習慣が異なりますので、ご媒酌人様とご相談下さいませ。また、ホテルのスタッフが進行係を努めさせていただく場合もございますのでお気軽にお申し付け下さいませ。

※プラン詳細につきましては、下記よりお問合せください。

RESERVE
お問い合わせはこちら